肌と臓器の関係

肌と臓器の関係

肌と臓器の関係

美容悩みを解消するには、最初は自分の臓器の具合を調べることが、解放への第一歩となるのです。然らば、一体どんな手段を用いれば自分の臓器の具合が判断できるのでしょうか。ネイルケア(nail care)というものは、手足の爪とその周辺のお手入れのことです。
健康、ビューティー、医学的な処置、生活の質(QOL)の保全といったあらゆる扱い方が存在し、ネイルケアはなくてはならないものとなっているのは自明の理である。20代、30代に発現する難治性の“大人のニキビ”が徐々に多くなっています。10年もの間大人ニキビに悩み続けている患者さんが皮膚科を訪問している。アトピー性皮膚炎とは、アレルギー症状と関係性のある状態のうち特に皮ふの慢性的な症状(発赤・掻痒感など)がみられるものでこれも過敏症の仲間であるのです。押すと返してくるのがお肌の弾力感です。これを操っているのは、誰もが知っているコラーゲン、すなわち蛋白質なのです。スプリングの働きをするコラーゲンが下から皮膚を持ち上げていれば、肌は弛みとは無関係でいられるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ